ブログ|ふじみ野駅徒歩1分の歯医者の榎本デンタルクリニック

富士見市ふじみ野、ふじみ野駅徒歩1分の歯医者「榎本デンタルクリニック」です。

ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック
ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック 電話番号
ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック 無料メール相談

ブログ

初期の虫歯?歯に見つけた黒い点の原因と治療法を紹介

ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック 

本記事では、「歯に小さな黒い点がある」場合に考えられる原因と、その解消法について解説します。 

歯についている黒い点の原因は、初期虫歯、歯石、着色汚れの3つのうちのどれかである可能性が高いです。 

痛みを感じない場合も多いので、気づかなかったり気づいたとしても気にせずに状況を観察することが多いです。 

しかし、原因によっては、できるだけ早く歯科医院を訪れ、早急な対応をすることが望ましいです。

この記事を読めば、「歯についた小さな黒い点」の対処法がわかります。

歯の黒い斑点の正体とは? 

主な原因についてお伝えしたいと思います。

「黒い点」の主な3つの原因

痛みもなく歯に黒い点がついている場合、主な3つの理由があります。

ここでは、それぞれの見分け方と対処法をご紹介します。

1:最も可能性の高い原因は「初期虫歯」

歯に黒い点が付着している場合、最も多い原因は虫歯です。 

黒い点には、慢性化して硬くなってしまった初期虫歯と、表面に小さな穴が開いたように見えてその奥に広がっている虫歯の2種類があります。

初期虫歯の場合

歯の噛み合わせ面の溝の周りや、歯が歯茎から分かれている部分では、初期虫歯が慢性化して硬くなり、黒い点や黒い線が現れることがあります。 

ある程度は歯は細菌の出す酸によって「脱灰」しますが、口腔内環境の改善により、歯を修復するために唾液の働きで「再石灰化」が行われ、最初は回復して虫歯が固くなり黒い点になります。

そのような歯は以前は削って治療していましたが、天然歯は削るたびに歯が弱くなることが一般的に認識されるようになると、虫歯が悪化しない限り、再治療のリスクが高まりますので、現代歯学の見解では進捗状況を観察することがベストだと言われています。

フッ素塗布を行い、虫歯予防をするための徹底したブラッシングを伴います。

歯の奥で広がる虫歯の場合

歯と歯の間の溝や歯のかみ合わせの面が黒ずんでくると、表面は小さな黒い斑点のように見えますが、虫歯が歯の中に広がっている可能性があります。

 一見するとわかりにくいのですが、歯科医院で見ると、歯の内部に虫歯が広がっているのがわかります。

この場合、レントゲンで状態を確認した後、適切に虫歯の治療を行います。 

治療は虫歯の大きさによって異なりますが、ほとんどの場合、虫歯を削って詰めることになります。 

神経に達する大きな虫歯の場合は、神経を取り除く根管治療が必要になることもあります。

2:歯石が原因の場合

次に、歯の黒い点の原因として考えられるのは、「歯石」です。 

特に歯と歯ぐきの間に多く、また多くの歯に付着している場合は、歯石が原因である可能性が高いと考えられます。 

歯石は、唾液中のリン酸カルシウムと結合した虫歯菌や歯周病菌の塊である歯垢が固まったものです。 

通常は白いのですが、歯茎から出血すると血液と混ざって黒くなります。

黒い歯石は、歯周病にかかっていることを示しています。 

また、歯石は歯根の奥から始まるので、歯の表面についていると、歯周病が大きく進行しているリスクが非常に高くなります。 

放置すると、「歯石や歯垢に含まれる細菌の毒素で歯茎が腫れる→歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)が深くなる→さらに歯石ができる→歯石の細菌の毒素が骨を溶かす」という悪循環に陥りますので、緊急に歯科医院での治療が必要です。

基本的な治療は、「スケーラー」と呼ばれる専用の器具を使って歯石を除去し、歯磨きをしっかり行って口内を清潔に保ち、口内環境を改善することです。 

歯石が歯根に付着していて、スケーラーだけでは除去できない場合は、歯茎を切開して歯石を除去する「フラップ術」を行います。 

いずれの場合も、1回の通院で完治させることは難しく、複数回の通院が必要になるケースがほとんどです。

3:着色が原因の場合

最後の黒い点の原因として、食べ物やタバコなどの色のついた着色汚れが考えられます。 

着色汚れは、歯の噛み合わせ面、歯の裏側、歯のくぼみに多く見られ、特にコーヒー、カレー、紅茶、ワイン、タバコなどの着色しやすい食べ物が好きな方に多く見られます。 

着色汚れは健康的には問題ありませんが、やはり見た目は気になります。 

これを改善するには、歯科医院でのクリーニングやホワイトニングが基本となります。 

通常の汚れであれば、歯の表面を清掃することできれいになりますが、長年の蓄積でエナメル質に浸透した汚れであれば、歯の内部から漂白するホワイトニングが有効です。

ホワイトニングには、歯科医院で行う即効性のある「オフィスホワイトニング」と、歯科医師の指導のもと自宅で行い、長期間にわたって効果が得られる「ホームホワイトニング」の2種類があります。

患者様の希望に応じて選ぶことができます。

歯の黒い点が虫歯だった場合

レーザーで虫歯の深さを測定する

虫歯が浅い場合は、レントゲンで確認できないこともあります。 

歯を削るのか、黒い点を残すのか、その判断は難しいです。 

このような場合には、レーザーで虫歯の深さを測定します。

初期の虫歯を数値化し、歯を削るかどうかを判断します。 

もちろんレーザーだけではなくレントゲンなどのすべての検査結果を総合的に判断して、むし歯を治療するかどうかを決めます。

歯のレントゲン写真を取る

歯のレントゲン写真は、ある程度まで進行した虫歯の深さを確認するのに有効な検査です。 

むし歯は歯の黒い部分から広がっている可能性がありますので、歯に対する神経の位置を確認することが大切です。 

歯科医院で撮影するレントゲンには様々な種類があり、大きな虫歯や神経を調べるための大型レントゲン・パノラマレントゲン、虫歯と虫歯の間の距離を示す小型レントゲン・レンタルレントゲンや 試験など 数枚のレントゲン写真で総合的に判断します。

歯の黒ずみが初期虫歯だった場合の削らない治療方法

口の中の環境を変えて、虫歯を自然に治す

初期虫歯の原因は、虫歯のある口の中の環境にあると言われています。 

他の歯に同じような虫歯ができないように、口の中全体の環境を改善する必要があります。 唾液検査を行い、虫歯の原因を突き止め、歯が再石灰化しやすい環境を整えます。 

環境が整っている限り、初期の虫歯は進行しないどころか、自然に治ります。

歯磨きやデンタルフロス、歯科での定期的なクリーニング、フッ素塗布などを行います。

歯医者さんで定期的に黒点を観察してもらう

初期むし歯が進行しているのか、止まっているのかを確認するには、歯科医師の診察を受けるしかありません。 

歯医者さんで定期的にクリーニングをしてもらい、必要に応じてレントゲンを撮って、進行した虫歯がないかどうかをチェックします。 

虫歯が進行していなければ、治療は必要ありません。 

家庭でのフッ化物等による歯の再石灰化の促進

初期虫歯を治すには、毎日フッ素を使うのが一番です。 

フッ素は、歯の表面のエナメル質と結合して硬い層を形成します。 

初期虫歯の部位は軟らかいので、初期虫歯の改善にはフッ素を毎日使用することが最も効果的です。 

フッ素には、ジェルタイプ、歯磨き粉タイプ、マウスウォッシュタイプがありますので、自分に合った方法で使用してください。 

とはいえ、なによりも定期検診が大事

「歯に黒い点を見つけてどうしよう、、、歯医者に行くべきか、、、」と思う前に半年に一度は歯科で定期検診を受けましょう。

ほとんどの人は、歯が痛い、歯茎から血が出るなどの異常があれば、歯科医院に行くでしょう。

しかし、痛みなどの異常がなければ、歯医者さんに行くことはまずないでしょう。

自分では気づかなかった歯や歯ぐきのトラブルが発生した場合は自覚症状を感じる頃には、症状が悪化しており、場合によっては抜歯になることもあります。

定期的な歯科検診では、歯科医師が歯や歯ぐきに異常がないかどうかをチェックします。

仮に異常が見つかっても、早期に治療することができるのでほとんどの場合、金銭的な負担は大きくありません。

3~6ヵ月ごとに歯科医院での定期検診を受けて、歯の健康を守りましょう。

それこそ、黒い点のうちから虫歯治療や歯石取りができたら数千円だですみますし、痛みもありません。

また、歯の健康は体の健康と大きく関係しています。

歯と体の健康を守るためには、歯科医院での定期的な検診が非常に重要です。

定期検診のメリット

定期検診には多くのメリットがあります。

歯のトラブルを予防し、良好な状態を保つために早期発見・早期治療につながる、歯をきれいに保つことができる、長い目で見ればコスト削減につながるなど定期点検の主な目的は虫歯や歯周病などのトラブルを防ぐためです。

歯の健康を守るための予防措置を講じることで、歯と歯茎を良好な状態に保つことができます。

特に歯周病は、歯ぐきの腫れや出血、歯ぐきの炎症などの症状がある場合には、自覚症状が出ることはあまりありません。

定期検診では、歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去し、歯をきれいにします。

仮に異常が見つかったとしても、早期に治療すれば大規模な治療にはなりません。

逆に、定期的な検診を受けず、その前に痛みが出た場合は、すでに症状がかなり重くなっていることがほとんどです。

定期検診を受けている人と受けていない人では、治療費に大きな差が出ることがあります。

また、歯の健康寿命を延ばすことにもつながります。

黒い点が気になったら、まずは歯科医院へ

歯の黒い点の原因は

  • 初期虫歯
  • 歯石
  • 着色汚れ

の3つのうちのどれかです。 

歯の黒い汚れは、通常は健康に害がありませんが、虫歯や歯周病の原因になることもあります。 

気になる方は、歯科医院に行って原因を特定するのが一番です。 

汚れが原因の場合は、クリーニングすることで解決することがあります。

この記事が患者様の悩みの解決に少しでもお役に立てれば幸いです。 

一日も早く、歯に対する不安から解放されることを願っています。


まずはお気軽にご連絡下さい。

ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック まずはお気軽にご連絡下さい

ここまでお読みになっている方は、きっと歯のことで悩まれていることと思います。当院では、画一的な治療ではなく、あなたの口の状態、お悩み、要望に合わせた治療を行います。
初診時にはしっかりとお話も聞かせていただきますので、まずは気軽にご来院下さい。

ご予約・ご相談はお気軽にお問合せください。

ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック ご予約・ご相談はお気軽に

お電話の方

ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック 電話番号
受付時間
9:30〜12:30
14:30〜19:30

まずはメールで相談をされたい方へ

ご相談をご希望の方は、お電話いただき初診のご予約をいただくか、下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をメールください。

ふじみ野駅1分の歯科医院 榎本デンタルクリニック 無料相談メールフォーム

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seedlabs3/enomoto-dental.com/public_html/blog/wp-includes/script-loader.php on line 2740
  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス