なんでむし歯になるの?

むし歯ができるしくみ

むし歯菌は、生後10ヶ月~31ヶ月くらいの間に、保護者(主に母親)から感染します。
食事の際にお母さんの使ったスプーンやお箸で取り分けたり、そのままお子さんの口のなかへはこんだり、同じコップで飲み回しをしたり、と様々なシチュエーションでむし歯菌はうつっていきます、保護者のお口の中に、大量のミュータンス菌がいれば、より効率良く感染していきますね。
そして食事やおやつなどて糖質、主に砂糖をたくさん摂った場合、更にミュータンス菌は、より大量に歯面に定着していきます。
いったん口の中に大量のミュータンス菌が感染すると、歯磨きをしたくらいでは、菌量を減らす事はできないのです。ミュータンス菌の表面にはらせん状に突起物があり、それが歯の表面にねじ込むようにして歯に張り付いてしまうためです。
このミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面にできる膜をバイオフィルムといい虫歯や歯周病の原因になります。

どうしてむし歯ができるの?

“毎日ちゃんと気を使って歯を磨いているのに虫歯ができてしまう人”もいれば、“毎日歯を磨いてないのに今まで虫歯ができたことなんてない!”という人もいますが何が違うのでしょう?
それは、ひとり、ひとり虫歯の原因が違うからなんです!!
虫歯はその人のライフスタイルや環境が複雑に絡みあって発症する病気なのです。

虫歯の原因となる4要素

  • 歯の質
    歯並びまた歯の強さや唾液の力によって虫歯になりやすいかどうか左右されます。
  • 食べ物
    糖質、主に砂糖を含む食べ物や飲み物が虫歯の発生に影響を与えます。
  • 虫歯菌(ミュータンス菌)
    虫歯菌、主にミュータンス菌の数
  • 時間
    歯を磨くまでの時間

これらの4つの要素が重なりあって虫歯ができます。
つまり、この4つの要素が重なる面積が小さければければ虫歯になる可能性は低く、大きければ高くなるのです。

虫歯を作らないためには

これらの要素を減らしていくことが大切です。

歯の質を改善するには
  • フッ素化物を使った資質強化。
  • よく噛んで唾液の分泌を促進。
  • 歯科医院にてシーラントを行う。
食べ物を改善するには
  • バランスのとれた食生活
  • 糖質を含む飲み物、食べ物を控える。
虫歯菌の数を減らすなら
  • 毎食後の歯磨き
  • 定期的な歯科医院でのクリーニング
  • お口の中の虫歯をしっかりと治療する

そして!時間がポイントです!
ダラダラ食いは絶対にダメ!!
お食事も、おやつもいつもお口の中に食べ物が入っている状態だと、虫歯菌の思うツボ!
虫歯にならないためにも、食事と食事のあいだにお口の中をキレイに保ちましょう。

食事のたびにお口の環境が虫歯危険ゾーンに下がるけど、だ液パワーで健康ゾーンに戻ります。
リズムある食生活をしていると、お口の中が健康ゾーンでいる時間が長くなって、虫歯の危険は低くなるね。

せっかくお口の中が健康ゾーンに戻りかけたのに、危険ゾーンに逆戻り。とくに寝ているときは、だ液がほとんど出ないんだ。だから寝る前のおやつは、虫歯の危険度がとっても高くなるんだよ。

むし歯にならないように、定期健診に行きましょう!!


まずはお気軽にご連絡下さい。

ここまでお読みになっている方は、きっと歯のことで悩まれていることと思います。当院では、画一的な治療ではなく、あなたの口の状態、お悩み、要望に合わせた治療を行います。
初診時にはしっかりとお話も聞かせていただきますので、まずは気軽にご来院下さい。

ご予約・ご相談はお気軽にお問合せください。

お電話の方

受付時間
9:30〜12:30
14:30〜19:30

まずはメールで相談をされたい方へ

ご相談をご希望の方は、お電話いただき初診のご予約をいただくか、下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をメールください。