コンセプト

コンセプト

不安な気持ちを治療とコミュニケーションを通して、
「安心」と「信頼」による治療をしていきたいと思います。

歯科医院に来ると、痛くないかという不安が先に立ちますので、まず患者さまの不安な気持ちを取り除きたいと思います。 私は、まず患者さまの話をよく聞き、患者さまの立場に立ち、何が患者さまにとって大切で必要なことかをひとつひとつ考えていきたいと思います。 不安な気持ちを治療とコミュニケーションを通して、「安心」と「信頼」による治療をしていきたいと思います。 患者さまの立場に立って考えた歯科治療をする上で、できるだけ痛みを与えない治療は当たり前ですが、最初から最後に至るまで、やさしい診療方針の上、治療に取り組んでいます。

治療前に、現在の状況を口腔内カメラで撮影し、治療例にて診察方法や治療する点をご説明いたします。 患者さまに納得していただいた上で治療を行います。 大学での長年の経験を活かして、お口の中の事でしたらどのようなお悩みにも対応します。 またお口の中の病気や、歯の治療についてのセカンド・オピニオンもお受けします。 お口のことでお困りのことがあれば何でもお気軽にご相談下さい。

なるべく抜かない・削らない

当院では、治療よりも予防を重視し”なるべく抜かない・削らない”という方針を取り、出来るだけ自分の歯を残して行けるようにと考えています。定期的なケアが予防につながると考え、患者様が通いやすい環境づくりを常に心がけています。それは美味しい物を末永く楽しめるためであり、また、見た目の若さを保つことで、より積極的な人生を楽しんでもらうためでもあります。

徹底的な衛生管理

安心・安全な診療が受けられるよう、最高品質の滅菌システムを通じて感染防止対策に注力します。また、毎日消毒液で清掃し、常に清潔なオフィス環境を保っています。治療にあたるスタッフ(歯科医・歯科アシスタント)は全員、使い捨て手袋、使い捨てマスク、保護用メガネを着用し、患者様とスタッフ間の感染防止に努めています。

滅菌

「すべての細菌、ウイルスを死滅させること」で、歯科医療現場の滅菌では、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)が広く使用されています。

高圧蒸気滅菌法とは、内部を高圧にする事で滅菌を行う方法です。 上からB/S/Nにクラス分けされており、多くの歯科医院で普通使用されているオートクレーブは、「クラスN」です。

当院ではB+の高圧蒸気滅菌器、バキュクレーブ31を導入致しました。

バキュクレーブ31B+の導入

ヨーロッパ規格であるEN13060に準拠した「クラスB」プレポストバキューム式の滅菌器です。 滅菌前にチャンバー内で真空と蒸気の注入を交互に繰り返すことで、タービンなどのハンドピース内部の中腔パイプ内の残留空気を抜き、蒸気を細部まで行き渡らせ滅菌を行います。 「あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物) を完全に滅菌できる」ということを意味しておりミラーやピンセットや深針などはもちろん、 外科手術に必要な器具やタービン、コントラ(歯を削る機材)を最も厳しいとされるヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムで、当院では日本の歯科医院で通常行われる滅菌よりもワンランク上の滅菌を行えるようになりました。

これにより、患者様におかれましては、より感染しにくい環境で治療が受けることができ、 完全な滅菌が短時間で行えるため治療サイクル支障を来たさずゆとりのある治療が可能になりめした。

私たち医療機関に従事する者の責任として、大切な患者様のお身体をお守りする事は非常に大切なことと考えております。 安全な医療の根本が感染の管理であるという観点から、患者様に安心して治療を受けて頂ける環境をお作りしています。

水の除菌

当クリニックで使用している水について説明したいと思います。
歯科医院では水を沢山使います。
手を洗ったり、器具を洗ったり、歯を削る器具から水が出たり、うがいをしたりと様々なところで水を使います。先日新聞にも出ていた「タービンの使い回し」歯を削る器具を滅菌していない、という記事です。

当クリニックではタービンはもちろん滅菌して、各患者様ごとに個別パックして滅菌をしていますが、そのタービンから出る水にも細菌がいることが多いのです。
あまり触れられない事実ですよね。
一般の歯科医院では、患者さまは診察台から出る水は綺麗な水だと考えてしまい、あまり疑ってうがいをするということはないのではないでしょうか。
そこで、当クリニックでは患者様に安心してうがいをしていただく為、タービンから出る水に細菌がいてはタービンを滅菌する意味すら持たないという考えから、各ユニット(患者様が座る診察台)にニューG7(量子水整水器)という水除菌システムを採用しております。
今年3月には第3者機関BML社に水の検査を行って頂き、水1ミリリットル中に細菌0という信頼できるデータを頂きました。

常に見えない細菌と戦いながら、少しでも患者様が安心して通える歯科治療を提供し続けます。
また、Poicウォーター(エピオスウォーター)というタンパク分解型除菌システムも採用しております。
Professional Oral Infection Control (専門的口腔感染予防)といって、純度99.9パーセントの塩と不純物を限界まで取り除いた超純水を電気分解させた電解水です。
この電解水はほとんどの細菌、カビ、ウィルス(肝炎ウィルス、ノロウィルス、HIV、MRSA、インフルエンザウィルス、O-157、他)を15秒以内に除菌することが可能です。
産生される次亜塩素酸の作用により強力な殺菌力を発揮します。
次亜塩素酸は人体由来の免疫成分で、人体の体内で白血球が浸入してきた微生物(細菌、ウィルス)に対して殺菌する過程で産生される成分であり、小さなお子様からご年配のかたまで、どなたでも安心してご使用頂けます。
患者様にうがいをして頂き、バイオフィルムの分解を促す効果もありますので、当クリニックでは可能な限り治療において殺菌水を使用しています。

次亜塩素酸は平成14年厚生労働省より食品添加物として指定されています。
わからないことがありましたら当クリニックスタッフにご質問下さい。
この様に水1つとっても、 目には見えないものだからこそ力を入れて、患者様に少しでも安心して受診出来る様に努力してまいります。

スタッフの教育・指導

来院される患者様に直接対応するのが歯科衛生士や歯科助手、歯科受付などのスタッフです。 スタッフは、患者様に信頼していただける人間でなくてはなりません。そのために当院では、スタッフの教育・指導には最も大きな力を注いでいます。 ドクターおよびスタッフたちは、学会をはじめ、勉強会、研究発表会などに積極的に参加しています。 これらの機会を活用して、きちんとした最新の知識と技術をしっかりと身に付け、患者様に対して、やさしく、明るく、あたたかい対応ができるようになるのです。

患者様とのコミュニケーション

当院では本当の意味での『インフォームドコンセント』を徹底していきます。まず始めに患者様の悩み、治療に対する希望などを詳しくお聞きし、それらを考慮した治療方法を様々なツールを使いながら、分かりやすくご説明させていただきます。

そして患者様がこちらの提示させて頂いた治療計画に対して充分納得されてから治療を進めていきます。楽しく素晴らしい人生を送るために何があなたに必要なのかを一緒に考え、生涯に渡ってそれをサポートしていきたいと考えています。

プライバシーへの気遣いとリラクゼーション

横の患者様が気にならないように、セパレートした個室空間をご用意しています。また、明るい光と柔らかい雰囲気の居心地の良い空間や、アロマを使用する事でリラックスして治療に望んでいただくことを目指しております。キッズスペースも完備しておりますので、お母様方も安心して治療が受けられます。


まずはお気軽にご連絡下さい。

ここまでお読みになっている方は、きっと歯のことで悩まれていることと思います。当院では、画一的な治療ではなく、あなたの口の状態、お悩み、要望に合わせた治療を行います。
初診時にはしっかりとお話も聞かせていただきますので、まずは気軽にご来院下さい。

ご予約・ご相談はお気軽にお問合せください。

お電話の方

受付時間
9:30〜12:30
14:30〜19:30

まずはメールで相談をされたい方へ

ご相談をご希望の方は、お電話いただき初診のご予約をいただくか、下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をメールください。

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス