できるだけ削らないむし歯の治療

あなたの大切な歯を、本気でお守りするために、
「できるだけ削らない」「抜かない」治療を行っています。

どうして、歯はなるべく削らない方が良いのか?

理由は単純です。それは、手や足の骨と違って、歯を削ってしまうと二度と元に戻らないからです。

そして、一度削ってしまった歯は弱くなってしまうため、長期的には抜歯に至ってしまうことが多いのです。神経を抜いてしまったら、なおさら弱ってしまいます

当院は、目先の痛みを抑える治療だけではなく、10年、20年後まで歯を守ることを見据えて治療を行っています。それには、なるべく歯をできるだけ削らないことが最善の策なのです。ですので、私は歯医者にも関わらず歯を削りたくないですし、歯を削ることが嫌いです。

もちろん、削る必要がある虫歯は削ります。しかし、やり方次第では削らずに済むか、最小限に留めることは可能です。また、これまでは抜歯していたような歯も治療によっては残せるかもしれません。

これらには、歯科医師の高い技術・知識を要しますが、当院の院長は毎月のように他院の歯科医師に向けて「できるだけ削らない・抜かない治療」についての研修会で講師として指導をするほど、この分野には自信を持っています。

当院は大きな歯科医院ではありませんが、1人でも多くの患者様に、1本でも多くの歯を残していただくのが喜びです。歯を大切にされたい方は、どうぞ当院へご来院下さい。

出来るだけ歯を削らない治療

患者様の歯を不用意に削ることを無くすため
「MI治療」「カリエスチェッカー」「ダイアグノデントペン」を導入しております。

歯をなるべく削らないための「MI治療」

榎本デンタルクリニックではMI治療を取り入れております。
MIとはMinimal Interventionの略となり歯を削る、神経をとることを最小限にし、虫歯菌によって悪くなってしまった箇所のみ切削し、治す方法です。
一般的に行われている通常の虫歯治療は虫歯になっていない部分も大きく削る場合がありました。そのような治療を繰り返していくと再度虫歯になってしまった時に神経に虫歯菌が達する可能性もあります。神経に達してしまうと神経をとるという治療になる可能性が高かったのです。

※歯の模型と世界一小さいバーを比べた写真です。

MI治療によって、虫歯になってしまったのみを削るため、神経をとるリスクが低くなりますし、歯が多く残ります。
当院が提供する虫歯治療では使用するバーに関しても世界で最も小さいバーを使用していますのでご安心ください。

また、削った部分には治療の痕が目立たないレジン(樹脂)を入れます。 歯をなるべく残したいという方はぜひMI治療を受けてみてください。

カリエスチェッカー

むし歯になると歯をある程度削らなければなりません。
当院ではカリエスチェッカーというむし歯だけを染め出す液体を使用しています。
カリエスチェッカーを用いることにより、むし歯の部分だけを染め出すことが出来るのです。
これにより、健康な歯を削り過ぎることもなく、またむし歯をとり残すこともなく歯の治療ができるのです。やはり手間はかかりますが皆様により適切な歯科治療を提供し続けるのにはなくてはならないものです。
また、当院ではあまりあることではありませんが血液との区別がつきやすくする為ブルーを採用しております。

ダイアグノデントペン

光とレーザーによる虫歯診断器を用いることにより虫歯診断をレントゲン診断、術者の勘のみに頼らず小さな虫歯でも本当に削るべき歯であるかどうかを数値化して説明、同意のもとによりより適切な診断をしてから歯を削る治療にあたります。
またこのレーザー診断器はレーザーと光により歯のエナメル質のみの虫歯なのか、象牙質まですすんでいる虫歯なのかを診断できる機器です。 また、歯と歯の間の虫歯も数値化できます。

当クリニックでは「出来るだけ歯を不用意に削らない」様に少しでも質の良い治療を患者様に提供し続けられる様、努力して参ります。

ドックベストセメント療法

ドックベスト治療は歯に優しいむし歯治療法です。

  • 「できるだけ削らない。」
  • 「痛みも少ない。」
  • 「麻酔をしない。」
  • 「神経を残せる可能性が高い。」
  • 「歯の寿命を短くしない。」

ドックベストセメント治療とは

現在の虫歯治療は、 多くの場合、虫歯はもちろんのこと、 健康な歯も削って治療をしています。
やはり詰め物を入れたり、 かぶせて治したりするために 必要だからそのような治療になっているのです。
しかし、削った歯は絶対元には戻せません。 削った部分が多ければ多いほど歯は弱くなっていきます。
また、ほとんどの場合、削って治した歯がまた虫歯になっていきます。 その理由は、顕微鏡レベルで歯を見てみると、 削った歯の部分の周りには、ひびがいっぱい出来てしまっているからです。
この微小なひびの中には細菌が侵入してしまいます。 その結果また虫歯になってしまうということです。
ドックベストセメント治療では、 なるべく歯を削りません。 全く削らないで治すこともあります。
ドックベストセメント治療は、銅、酸化亜鉛、酸化チタン、リン酸、水酸化アルミなどを主成分とし、特に鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンによる殺菌力が効果を発揮します。
具体的には、 虫歯を削って治すのではなく、 鉄と銅を主成分にした殺菌力のあるドックベストセメントを、虫歯に塗り込んでいきます。その結果、その虫歯は殺菌され、徐々に再石灰化という現象により、徐々に硬くなって治癒していきます。
殺菌され、再石灰化した虫歯部分は無害なものになるので、削る必要がありません。
その結果、あまり削らなくてすむ治療ができるのです。

ご留意点
  • 日本の保険治療ではまだ認知されていないため、保険適用外(自費)での診療となります。
  • 経過観察を定期的にさせていただく場合があります。
  • 変色した虫歯でも削りきらないため、審美的な観点から、一部おすすめできない箇所があります。
  • 痛みの強い歯や、痛みの激しい歯には効果を発揮しない場合があります。事前診察のうえ、判断させていただきます。
  • 処置に3,240円〜別途上物代の費用がかかります。
  • 当院ではドックベストアドバンス認定医が治療を行います。

ドックベスト治療の流れ

  1. むし歯に付いた汚れを殺菌水で除菌します。

  2. むし歯の部分を出来るだけ削らずに、ドックベストセメントを塗布します。

  3. ドックベストセメントを充填(むし歯の上に詰める)し、1年程度待ちます。
    その時に柔らかくなったむし歯が硬くなり治癒します。

  4. 1年後、むし歯が治っている事を確認して最終的な詰め物をします。
    まずは納得いくまで説明を聞いて下さい。

ドックベスト治療の凄いところ

歯の象牙質を無菌化

銅イオンがむし歯菌に作用し、むし歯菌に侵された象牙質を無菌化してくれます。

治療中の痛みがない

一般的なむし歯治療と異なるのは、必要以上に 歯を削らない為ほとんど痛みが無いという事です。また、麻酔も不用です。

歯の神経を残せる

ドックベストセメントの成分の主に銅イオンが むし歯菌を殺菌してくれますので、神経を残せる可能性が高くなります。

象牙質の再石灰化

むし歯菌に侵された歯の内部の象牙質を殺菌することで、象牙質の再石灰化を促します。

歯の根っこの殺菌

歯の根元の病気の殺菌にも、効果が期待できます。

硬く固まって蓋をする

ドックベストセメントは、歯科用の接着剤なので、硬く固まって流れ落ちてしまう事がありません。

殺菌力が長く続く

ドックベストセメントは銅イオンの作用で殺菌力が半永久的に続きます。

副作用の心配が少ない天然ミネラル成分

ドックベストセメントの成分は、銅、鉄、など天然ミネラルを主成分としている為、副作用の心配が少ないため、妊娠中の方にも安心です。

根の治療

根管治療

根管治療とは、細菌に感染したり損傷を受けた歯髄を取り除くことによって歯根周辺の病気を治療・予防するものです。
深いむし歯や歯の亀裂、歯への外傷によって歯髄が細菌に感染したり、損傷したり、歯髄死になることもあります。

そのまま放っておくと、歯根周辺の組織にも感染が広がり、痛みや腫れが生じます。
治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、早期に歯科医に診てもらうことが重要です。

根管治療の治療の流れ

  1. 深いむし歯によって、歯髄が細菌に感染した歯

  2. 神経が生きている場合は麻酔をした上で、むし歯部分を除去し、歯冠から歯髄腔まで穴をあけます。

  3. リーマーやファイルという器具を用いて、歯髄腔および根管と感染された象牙質等をていねいに除去します。 消毒液を浸み込ませた綿等を入れふたをし、消毒します。細菌が減少し、膿がおさまるまで、これをくり返します。

  4. 歯髄腔および根管を生物学的親和性を有する素材で充填します。

  5. 修復歯を支えるための金属製またはプラスチック製の支柱またはポスト(合釘)を根管に挿入します。

  6. 最後にセラミック製または金属製のクラウンで歯をかぶせて修復します。神経をとった歯は栄養が行かない為もろくなります。基本的には全体的にかぶせた方が、その後に歯の破折が少なく、もつようになります。

治療後

むし歯と歯周病の療法を予防するにも、しっかりとした歯磨きと定期的な検診が不可欠です。
かぶせたセラミックや金属部分はむし歯になりませんが、残っている自分の歯根部分はむし歯になります。
神経を取っているので、しみたり、痛みが出ないため、気がついたときには大きなむし歯になりやすいです。

MTA

当院では神経を抜かない、神経を守る治療を提供しております。神経は複雑に歯の中を通っています。痛みが発生すると多くの歯科医院では神経をとってしまいますが、一度神経を抜いてしまうと歯はどんどん弱くなってしまいます。歯の神経の治療は回数自体も時間が多くかかってしまっていたり、膿がたまることもあります。
そこで榎本デンタルクリニックではMTA(Mineral trioxide aggregate)を活用しながら患者様の歯の神経を残す治療を行っております。

MTAセメントとは…

神経まで虫歯菌が達してしまっている場合には、治療必要部位をMTAセメントで殺菌していきます。虫歯を封じ込め、殺菌することで神経をとらずに治療できるのです。MTAセメントはレジン・ケイ酸カルシウムを成分としているため、歯に吸着し、虫歯菌の進行を止めることができます。神経を抜かない治療となりますので、かぶせもの費用がかからず、治療費が安価になります。

MTAセメントの有効性

  • 歯をなるべく削らない
  • 神経内にある細菌を殺菌する
  • 神経をとらないため炎症を起こしにくい

カリソルブ

カリソルブ治療はこんな方にオススメです

  • 歯をなるべく残したい
  • 麻酔をするのが怖い
  • 痛みを発生させたくない
  • 虫歯が何度も再発してしまう

歯を削らないカリソルブ治療

通常の虫歯治療は虫歯をドリルで削り取りますが、薬剤で虫歯菌によって浸食されている部分のみ柔らかくして専用の器具で除去する方法です。
この治療方法の場合は虫歯でない歯を削ることはほとんどありません。
痛みも感じにくく、麻酔を使わないで治療できるケースがあります。
虫歯の大きさによっても治療可能かどうかが変わってきますのでまずはご相談ください。

カリソルブ治療の流れ

  1. 虫歯が発生している部分にカリソルブを塗布します。

  2. 薬が効き、虫歯になっている部分だけ柔らかくなっていきます。

  3. 専用の器具で虫歯になっている部分だけ除去をします。

  4. 除去した部分に詰め物をします。

カリソルブ薬の効果

虫歯部分だけを柔らかくする

歯を削るドリルを使うことなく治療をすることができます。
通常の虫歯治療に比べると歯を削る量が圧倒的に少ないです。
健康な歯を多く残すことができます。
歯肉炎にも影響がないので安全に使えます。

安全安心の薬

身体に与える毒性は全くないため、安心して使うことができます。
薬を塗布する部分は消毒する必要がありますが、安全な使用方法が確立されています。

カリソルブのデメリット

治療に対して保険がきかないため自費になります。
また深くまで進んだ虫歯治療には活用できません。


まずはお気軽にご連絡下さい。

ここまでお読みになっている方は、きっと歯のことで悩まれていることと思います。当院では、画一的な治療ではなく、あなたの口の状態、お悩み、要望に合わせた治療を行います。
初診時にはしっかりとお話も聞かせていただきますので、まずは気軽にご来院下さい。

ご予約・ご相談はお気軽にお問合せください。

お電話の方

受付時間
9:30〜12:30
14:30〜19:30

まずはメールで相談をされたい方へ

ご相談をご希望の方は、お電話いただき初診のご予約をいただくか、下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をメールください。

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス